2012年09月20日

分岐点の彼女/蛇口

大学生のときは俺も周囲の友達も幼稚だった
クラスの主流の目立ったグループではなく、そこから弾き出された余りもので俺たちは構成されていた
主流じゃない俺たちは非モテで彼女がいなかった
だから当時は
なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?
という問い掛けも成立しなかった
自分を含め友達の誰にも恋人がいないのだから
友達の恋人とセックスしようがない
そんな友達に気になる女性ができると
どうしたらその娘と付き合えるかみんなであーでもないこーでもないとファミレスで戦略会議を開いた
そんなことに時間を割いていないでとっとと彼女にそいつが告白してみればいいだけの話なのに
幼く馬鹿で童貞の集団
それが俺の社会だった
その中で多少社交性のあった俺にたまに女性たちが手を差し延べてくれた
それは手に余る欲望だった
当時の俺にとって
大学時代、京都に下宿していた俺の部屋に知り合いの女性が来たが、大学の友達を呼んでしまい、ぶち壊しにした
一緒に名古屋に泊まりで遊びに行ったガールフレンドは途中で構うのが面倒になってそのまま放置した
京都と東京で遠距離恋愛という流れもあったが渋谷のラブホで何もせずに先に寝てしまい、結果その娘にフラれてしまった
あの時、渋谷のラブホでちゃんとセックスしていれば今頃俺はまったく違う人生を歩んでいたかもしれない
そう思うとやり切れなくなる
なによりもあの夜の彼女に申し訳ない
私脚太いけど大丈夫?とか言ってくれていたのに
あの頃、女性たちをないがしろにしてきた報いで今俺はこの暗黒時代を過ごしているのかもしれない

セックスしたいときに君はもういない
二度と戻らない
posted by jagumi at 20:41| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十代の頃の友達/馬野ミキ

十代の頃「なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?」という問いを出されても
俺はたぶんピンとこなかったと思う
セックスを避けていたところがあったし、友達の概念があいまいだった
自分と世界の関係性がまだ定まっていない十代の頃というのは、世間や周りの影響をむきだしの感性でモロに受け、正直いろいろなことがよくわからないのである。
分からないということは、恥ずかしいことではなく成長途上故に未定義なのだ。
分からないということは、可能性の幅を広げている時期だとも言える。
十代の頃「なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?」と問われて
ただ何となくそれは悪いことであるという風潮は感じ取っていたかも知れない
ただそれは自分の意見というわけではなく、週刊少年ジャンプに描かれていることを鵜呑みにしたか
社会を牛耳っていた大人たちの意見を感じて見習ったに過ぎない。

大学はまた別として、中学や高校の友達というのは
ものの考え方や世界観で集まったグループではなく
ただそこに住んでいる地域の同い年の奴が寄り集まっているというだけなので
親友というものができなくても心配することはない。
十代の子に告げよう。友達がいなくても恥じることはない。
自分は割りと友達はいたほうだと思うが、それでも東京に出てきて
志や目的意識、或いは魂や存在そのものというようなところで共鳴しあう友達ができ始めると
学校に行っていた頃遊んでいた友達というものは、何だったのだろうかと思う。
自分が当時知っていた世界のなかでの、比較的に気のあった奴ら、といった感じかも知れないな
それでも価値観や趣味がまったく合ってないのに一緒につるめるというのは、大人になってからはそうそう無いことなので貴重だったのかもなとか今思った。

蛇口君が以前SNS、ソーシャルネットワークについて言及していたことがあったが
ツイッターとかあれ、つぶやきとか言いながらみんなに読んで欲しいとか厚かましいよな
あきらかに独り言じゃないだろ?
みんな原っぱで喧嘩できなくなってさみしいのかも知れない。



posted by jagumi at 10:13| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

満足の構図/蛇口

MAN−ZOKUという風俗情報サイトがある
雑誌のときに熱視線で読んだことがあるが
今、見ると
まあお前は風俗で満足しておけと言われているような気がする
女を口説くことは忘れて


友達との関係が何よりも大事だから
友達の恋人とはセックスしないと公言する男も
友達の恋人に雰囲気が似た女性が出演するAVをたまたま見てしまい
思わず自慰行為に及ぶかもしれない
(それは複数の女性が出演している作品でわざわざその女性を選ばなくてもよく
 しかももっとタイプな女性が含まれている場合だとしても)
そして友達の恋人と自分がセックスしているような妙な昂りを覚える

友達の恋人でオナニーする

まあその程度がみんなの満足なのかもしれない
あえて友達の恋人とセックスしようという、あとあと面倒臭そうなことは回避して
まあ顔見知り程度の知り合いの恋人なら、アルコールの勢いも借り、その日の流れで過ちがあったりもするが
とにかく「裏切る」とか「過ち」とか思っている時点でこれはストップだなと思いながら

人々は思った以上に注意深く生活しているのかもしれない


ほとんどの男は連続レイプ殺人犯にはならない
恋愛や風俗やオナニーでたいてい満足させている
もしくは絵を描いたり歌ったり踊ったり宇宙に行ったりして
とことん満足できない人がイチローになったり、ユニクロを繁栄させたり、友達の恋人を犯して殺したりする
彼らはそれでもまだ充足できない
その横をカップルになって満足している男女が通り過ぎてゆく
posted by jagumi at 20:37| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダミアン/馬野ミキ

なぜ知り合いの恋人とセックスしてはいけないのか?というタイトルではなく
なぜ友達の恋人とセックスしてはならないのか?というのがこのブログのタイトルだ
多分、知り合いの恋人とはセックスしてもいいのかも知れない(どうなんだろう・・)
なぜ友達だとだめなのか?
それは、友達(例えだとしても)を裏切るような奴は、これから俺や或いは社会に害を及ぼす行動をとる恐れがあるからかも知れない
そんな破天荒な奴は、道徳を盾に迫害しようというのが、暗黙の一般ルールかも知れない。

また、友達を裏切った二人がそれから一生幸福に暮らすようなことがあれば、
裏切られた方も一応かっこがついたりはするかも。
裏切られ甲斐があったというか、ああ俺が馬鹿だったな、というか。
そういう結果論的なところもある。
不道徳で常識知らずだと思っていた人間が、のちに時代を変える偉大な人物に変化を遂げる、というような物語はままあるように思う。

なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないか?というテーマで重要なのは
友達とは何か?友達とは自分の人生にとって何か?というそれぞれの人の考え方が大いに関係する。
友達とは利用するためにあるもの、と思っている人と
友達こそ人生の財産だと思っている人では「なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないか?」という議論は噛み合わないだろうし。
つまり、人生というものをその人がどう見ているのか、というところに関係してくるだろう。
友達とは利用するためにあるもの、と思っている人は幼い時に人に裏切られた経験があるのかも知れないな。
借金と共に父親が逃げ、助けてくれると思った人にひどい仕打ちを受けたのかもしれない。
がまぁ先天的な根っからの悪、
人を利用し他人を傷つけるプロみたいな人も70億人間がいると何人かはいるかも知れない。



posted by jagumi at 15:33| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオカミ/蛇口

テレビで二十代の若者がホームレスをしているというニュースを流していた
小綺麗でけっこうハンサムな若者が路頭に迷っていた
なぜ彼は一日中ナンパして宿と飯を提供してくれる女性を見つけようとしないのか?と思った
街を弱々しく彷徨う姿を見て腹立たしくなった
一万人目に声を掛けた女性が路上生活者のイケメンをヒモにすることに目を輝かせてくれるかもしれない
リストラされた、職場でいじめにあったといつまでも嘆いてないで
路上でただ俯いているだけじゃまったく芸がない
それで出会った女のところに住んでみて、彼女のキャラが面倒臭かったりしたらまた別の女性宅を探せばいい
そしてそのヤドカリ体験を本にすればいい
そういう出会いで始まる恋があってもいい


ニューヨークのブロードウェイに行ったとき
昼間の公演でたまたまそのチケットしか売ってなくて「美女と野獣」を観た
美女と野獣?〜と思いながら
正解だった
美女を演じたカナダ人のミュージカル女優が愛くるしかったのと
The Beauty and the Beast〜と歌い上げるのがよくて
夢中になった

歌はそもそも虚構だが
そういう虚構の中の愛にはうっとりする

恋に夢中になるのは楽しい
それで人生を棒に振ってしまったが
地球上でお互いがこの人って選び合い、それが一致する瞬間
ドキドキする

美女と野獣、野獣が最後に人間になるのだけは解せない
美女は野獣と恋に落ちたんだし、野獣のままでいいじゃん

野獣といえばオオカミも一生涯同じパートナーを大切にするらしい
男はオオカミなのよ、ってだからおかしい
オオカミはしょっちゅう浮ついたりしないのだ
オオカミは名誉毀損罪で人間を訴えたほうがいい
posted by jagumi at 14:27| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

ペンギン/馬野ミキ

恋人というのは一般的に一人である
結婚も一般的には一人の相手とする。
一夫多妻制やその逆も少数ではあるがそういう文化が残っている地域もあると聞く
多妻制は羨ましくもあるけれど、疲れるかなとか思う。
愛人と割りきってつきあうのが一番いいな
家族は家族で、他の方法では得ることの出来ない温かみがあるような気がする
まあ家族をちゃんと養って愛人を持つというのは、要領も甲斐性も必要だろうな。
政治家がたまに愛人問題で失脚することなんかがあるけれど別に愛人いいじゃないか、
だめならなんでだめだろうか?

ペンギンは一度付きあった異性とは一生別れないそうだ
さすが二足歩行で集会開いてるだけはある。

恋は、お互いを物語の主人公にさせる
たまに街でそういうカップルを見つけると、まあだいたい気持ち悪いが
俺もかつてそうだったろうし
39歳になってもまだそういう恋に恋がれている
恋は興奮するし、
お互いがお互いを世界で一番いとしい人と思うなんて、いつかその夢が醒めるにしろ素晴らしいことだよね。
無意識に恋をしようという力が働いているのか、三十代になってからはそれまでの人生になかった程女性問題で失敗を重ねた。
俺に女友達が少ないのは、すぐヤろうとするからである。
けれども女子のいう「遊びと本気」の定義はいまいちピンと来ない。
何か女性脳と男性脳のものの考え方の違いかもしれない。

以前、付き合っていた恋人に「お前よりいい女と出会ったらお前とは別れる」とか言って
「そんなこと言ったらもとも子もない」とか言われて、そのとおりだと思う。
それが仮に本当だとしても、言わなくていいよな
まあ喧嘩か何かのついでに、つい口を滑らせてしまった
お互いが100%正直であって、それでも成り立っていく恋人というのを夢みていた。
いや、実は今もそうだ。
でなくちゃたった1人の女に縛られる理由なんてないと思ってしまう。
恋なんてエゴとエゴのシーソーゲームだろうか
だとしたら、今すぐ俺が連続レイプ殺人犯にならないのはなぜだろう






posted by jagumi at 22:31| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女体を借りたオナニー/蛇口

キャバクラと風俗が合体した裏風俗にはまった時期がある
つまり女の子たちと酒を飲みながらわいわいと騒いで
その中で気に入った娘と別部屋に行ってセックスする

ビールを7杯くらい飲んでしまい、勃起しなくて高い金払ってどこに行ってたのかみたいなときもあった
でも大騒ぎして楽しかった
最初の目的はすっかり忘れて
そういうのは楽しい
お金の余裕もあったんだね


風俗のセックスは女体を借りたオナニーと、誰かが言っていた
だとしたら俺はオナニーばかりしている

セックスに一軍があるとしたら
俺は二軍以下だ



知り合いになった女性のほとんどとセックスをしていない




「風俗とか行く人だったんですね」という女子の言葉は
もしかしたら
そんなラクしてセックスしてないで、ちゃんと女性を口説いてみてという彼女たちからの真摯なメッセージなのかもしれない
どうなんだろう?


俺はそういうことにちゃんと向き合ったことがなく
女体を借りたオナニーで気持ちいいとすやすや寝る日々で
今はそれがただのオナニーになっただけ
posted by jagumi at 21:51| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語とSEX/馬野ミキ

風俗には数回行ったことがある
思い出そうと思えば数えられる程度。
まあ、お店の子には満足したありがとうという演技をして
行った後ほぼ落ち込んで1人で酒を飲むという
よくない客だ


罪悪感とか不貞を犯したとか俺何やってんだろう?とかそういう意識はない
そういう風にいい子というわけではない
じゃあ何だろうな

例えばコスプレって書いてあるのにすぐ脱いじゃうビデオというか今はDVDか、は腹立たしい
なんですぐ脱ぐんだよ
服を着てる君が見たかったのに。
グラビアなどを見ても、
放課後の教室で自分でスカートをめくって笑顔でこっちを見てる女の子とか
一体これはどういうシチュエーションでどういう物語を生きているのかが分からず、ネックを握る指先がが止まってしまうこともしばしばある。
まるでカメラマンの前で仕事をしてる君を見てるみたいだ。
仕事をしているという意味において、それは土方のおっさんやIDカードを首からぶら下げた証券マンと何ら変わりがない。
(普通、笑顔でスカートめくってこっちを見てる女なんて相当やばいと思う。別れるとか言ったら刺されるかも知れない。)
ああ、でも
ビシッとしたタイトスカート履いたOLなんかは、むしろ仕事しているからいいのか・・

ラブホテルは時間が決まっているから落ち着かない
ちんこがもっと落ち着かないからやむなくいく場合もあるが、
風俗のやるせなさも時間のなかで執り行わなければならないというところはとても大きい
限られた時間で執りおこなわれることと物語全体とのギャップを埋める作業
それが1人でしょぼくれて酒を飲む時間なのかも知れない
まあ今書いている俺の例は、あまり一般的ではないかも知れないな
パッと明るくセックスして、ああ気持ちよかった!ってすやすや寝れたらそれはそれでとても憧れる。

ラテンアメリカの若者とカラオケボックスの三人連れの違いは、その物語性かも知れない。

関係ないけど、蒼井そらは今中国でもっとも影響力のある日本人の1人になりつつある。
すごいよな。























posted by jagumi at 11:53| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

結婚前夜/蛇口

この国は情報とお金さえあればいくらでもいい女とセックスができる
俺もその方法でたくさんしてきた
とてもたくさん

今は極貧なので、ご無沙汰だ
女をうまく口説くことしかもう方法がない


日常が多忙でよく稼いでモテる男ならば
友達が常に千人くらいいて、顔も知らない友達も当然いて、毎晩がパーティーアニマルで
互いがタイプだと思ったら、君いいね、にゃんにゃん、とすぐセックスして
後日、俺、あの娘と寝たっけ?と全然覚えてなくて
つまりそういうことが常日ごろだから記憶がぐちゃぐちゃで
あげく自分が結婚したことを忘れていて
友達の恋人であることを失念してただの女として抱いちゃったよ
知らない女と寝たら自分の恋人だった
恋人は本当にサンタクロースだった

そういうものに私はなりたい

かも



友達の恋人とセックスしてはいけない
とか言ってる時点でダサいのかもしれない

しかしダサいことは悪いことではないんだし

セックスに縁のなかったダサい?二人がそのために結婚するというのも悪くない判断だろう
そういう結婚も実際多いのではないだろうか
(長い間セックスしてなかった俺の知人が結婚して、相手の顔がタイプだから助かる、と言っていた
助かる、という言葉がとても印象的だった、助かるって何?)


愛妻家として生きていくには日本は出会いが多すぎる
頭の中で妄想することと、実際に行動(浮気とか)することの違いがそこにあるだけで
新たな誘惑にさらされて日々生きていることは同じ
可能性という扉



いっそ現代文明を知らない未開の地の原住民とかに生まれたほうがラッキーだったりして
自給自足で三十家族とかが住んで一生、他の民族とは会わないみたいな環境
今はなかなか少ないだろうが
アマゾンとかでまだ「発見」されていない
みな顔見知りで兄弟のように育ったひとりと所帯を持ち、裏切りが少ない場所で生きる


そう考えると罪なやつだ、可能性
そして限界も
posted by jagumi at 14:27| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

結婚しようよ/馬野ミキ

今の日本の離婚率が3割〜4割の間くらいだっただろうか
ダイアモンドが永遠に輝くのは誰のためにか
きっとそれは宝石商の為だろう。

俺は今39歳で、6年前に結婚しており5歳の息子がいる。
意識して子どもを産み、意識して結婚した。
もう次の女で結婚しようと決めていた。
なぜなら、留まるところなどないからだ。


この広い宇宙で、たった1人の男がたった1人の女を一生愛すると宣言することは素晴らしいことだと思う。
何よりロマンチックだし、人類が今まで生きてきたことを肯定する。という宣言だよねそれって。
まあたぶんそれは、ある種の無謀な船出だ。

俺は自分が嫌いな人間が結婚すると聞いても、やっぱりそれは祝福する気持ちが沸いてくる
それほど「愛」とかいう、わけのわからないものを貫くのは並大抵のことではないと感じるからで
3〜4割が離婚して、後の何割かは仮面夫婦でそれから
どれくらいのカップルが、私たちはこういう為に生きてきたという愛を貫き一生を共にするのだろうか。

週の半分は、離婚について考えてる
3歳、4歳は神の授けモノだった奇跡の子どもが、5歳になり単なるアホのガキに変わってきた
街、或いは子どもを送る保育園でさえ、
俺は保母さんや同じ送り迎えの奥さんの体を見て舌なめずりする
視姦で逮捕された例が大阪の西成であるので注意しなくてはいけない。

部屋の引き出しには、嫁さんが役所からもらってきた離婚届が5枚ある
なぜ5枚なのだろうか
嫁さんのパンツを毎日たたんでいる
嫁さんのパンツのほつれた糸や毛玉をとってゴミ箱に捨てる
何がロマンチックで、どこに永遠の輝きがあるのだろうか・・

俺は今39歳で、6年前に結婚しており5歳の息子がいる。
意識して子どもを産み、意識して結婚した。
もう次の女で結婚しようと決めていた。
なぜなら、留まるところなどないからだ。
俺は宇宙の広さに萎縮して身を投げたという自責の念がある。

でも少なくとも誰かと誰かは
永遠の愛をまっとうできますように、と思う。
俺は無理そうだが。
韓流スターとかAKB48に声援を贈るように
俺はこれから結婚するすべての君たちを声援を送りたい。
どうか君たちが永久の愛の道をたどりますように。
そしそういった祈りの時間のあとに
ワインと日本酒を一杯ずつ飲んで俺は多くのいい女とセックスしようと思う。






posted by jagumi at 22:52| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。