2012年09月20日

分岐点の彼女/蛇口

大学生のときは俺も周囲の友達も幼稚だった
クラスの主流の目立ったグループではなく、そこから弾き出された余りもので俺たちは構成されていた
主流じゃない俺たちは非モテで彼女がいなかった
だから当時は
なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?
という問い掛けも成立しなかった
自分を含め友達の誰にも恋人がいないのだから
友達の恋人とセックスしようがない
そんな友達に気になる女性ができると
どうしたらその娘と付き合えるかみんなであーでもないこーでもないとファミレスで戦略会議を開いた
そんなことに時間を割いていないでとっとと彼女にそいつが告白してみればいいだけの話なのに
幼く馬鹿で童貞の集団
それが俺の社会だった
その中で多少社交性のあった俺にたまに女性たちが手を差し延べてくれた
それは手に余る欲望だった
当時の俺にとって
大学時代、京都に下宿していた俺の部屋に知り合いの女性が来たが、大学の友達を呼んでしまい、ぶち壊しにした
一緒に名古屋に泊まりで遊びに行ったガールフレンドは途中で構うのが面倒になってそのまま放置した
京都と東京で遠距離恋愛という流れもあったが渋谷のラブホで何もせずに先に寝てしまい、結果その娘にフラれてしまった
あの時、渋谷のラブホでちゃんとセックスしていれば今頃俺はまったく違う人生を歩んでいたかもしれない
そう思うとやり切れなくなる
なによりもあの夜の彼女に申し訳ない
私脚太いけど大丈夫?とか言ってくれていたのに
あの頃、女性たちをないがしろにしてきた報いで今俺はこの暗黒時代を過ごしているのかもしれない

セックスしたいときに君はもういない
二度と戻らない
posted by jagumi at 20:41| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

満足の構図/蛇口

MAN-ZOKUという風俗情報サイトがある
雑誌のときに熱視線で読んだことがあるが
今、見ると
まあお前は風俗で満足しておけと言われているような気がする
女を口説くことは忘れて


友達との関係が何よりも大事だから
友達の恋人とはセックスしないと公言する男も
友達の恋人に雰囲気が似た女性が出演するAVをたまたま見てしまい
思わず自慰行為に及ぶかもしれない
(それは複数の女性が出演している作品でわざわざその女性を選ばなくてもよく
 しかももっとタイプな女性が含まれている場合だとしても)
そして友達の恋人と自分がセックスしているような妙な昂りを覚える

友達の恋人でオナニーする

まあその程度がみんなの満足なのかもしれない
あえて友達の恋人とセックスしようという、あとあと面倒臭そうなことは回避して
まあ顔見知り程度の知り合いの恋人なら、アルコールの勢いも借り、その日の流れで過ちがあったりもするが
とにかく「裏切る」とか「過ち」とか思っている時点でこれはストップだなと思いながら

人々は思った以上に注意深く生活しているのかもしれない


ほとんどの男は連続レイプ殺人犯にはならない
恋愛や風俗やオナニーでたいてい満足させている
もしくは絵を描いたり歌ったり踊ったり宇宙に行ったりして
とことん満足できない人がイチローになったり、ユニクロを繁栄させたり、友達の恋人を犯して殺したりする
彼らはそれでもまだ充足できない
その横をカップルになって満足している男女が通り過ぎてゆく
posted by jagumi at 20:37| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

オオカミ/蛇口

テレビで二十代の若者がホームレスをしているというニュースを流していた
小綺麗でけっこうハンサムな若者が路頭に迷っていた
なぜ彼は一日中ナンパして宿と飯を提供してくれる女性を見つけようとしないのか?と思った
街を弱々しく彷徨う姿を見て腹立たしくなった
一万人目に声を掛けた女性が路上生活者のイケメンをヒモにすることに目を輝かせてくれるかもしれない
リストラされた、職場でいじめにあったといつまでも嘆いてないで
路上でただ俯いているだけじゃまったく芸がない
それで出会った女のところに住んでみて、彼女のキャラが面倒臭かったりしたらまた別の女性宅を探せばいい
そしてそのヤドカリ体験を本にすればいい
そういう出会いで始まる恋があってもいい


ニューヨークのブロードウェイに行ったとき
昼間の公演でたまたまそのチケットしか売ってなくて「美女と野獣」を観た
美女と野獣?~と思いながら
正解だった
美女を演じたカナダ人のミュージカル女優が愛くるしかったのと
The Beauty and the Beast~と歌い上げるのがよくて
夢中になった

歌はそもそも虚構だが
そういう虚構の中の愛にはうっとりする

恋に夢中になるのは楽しい
それで人生を棒に振ってしまったが
地球上でお互いがこの人って選び合い、それが一致する瞬間
ドキドキする

美女と野獣、野獣が最後に人間になるのだけは解せない
美女は野獣と恋に落ちたんだし、野獣のままでいいじゃん

野獣といえばオオカミも一生涯同じパートナーを大切にするらしい
男はオオカミなのよ、ってだからおかしい
オオカミはしょっちゅう浮ついたりしないのだ
オオカミは名誉毀損罪で人間を訴えたほうがいい
posted by jagumi at 14:27| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

女体を借りたオナニー/蛇口

キャバクラと風俗が合体した裏風俗にはまった時期がある
つまり女の子たちと酒を飲みながらわいわいと騒いで
その中で気に入った娘と別部屋に行ってセックスする

ビールを7杯くらい飲んでしまい、勃起しなくて高い金払ってどこに行ってたのかみたいなときもあった
でも大騒ぎして楽しかった
最初の目的はすっかり忘れて
そういうのは楽しい
お金の余裕もあったんだね


風俗のセックスは女体を借りたオナニーと、誰かが言っていた
だとしたら俺はオナニーばかりしている

セックスに一軍があるとしたら
俺は二軍以下だ



知り合いになった女性のほとんどとセックスをしていない




「風俗とか行く人だったんですね」という女子の言葉は
もしかしたら
そんなラクしてセックスしてないで、ちゃんと女性を口説いてみてという彼女たちからの真摯なメッセージなのかもしれない
どうなんだろう?


俺はそういうことにちゃんと向き合ったことがなく
女体を借りたオナニーで気持ちいいとすやすや寝る日々で
今はそれがただのオナニーになっただけ
posted by jagumi at 21:51| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

結婚前夜/蛇口

この国は情報とお金さえあればいくらでもいい女とセックスができる
俺もその方法でたくさんしてきた
とてもたくさん

今は極貧なので、ご無沙汰だ
女をうまく口説くことしかもう方法がない


日常が多忙でよく稼いでモテる男ならば
友達が常に千人くらいいて、顔も知らない友達も当然いて、毎晩がパーティーアニマルで
互いがタイプだと思ったら、君いいね、にゃんにゃん、とすぐセックスして
後日、俺、あの娘と寝たっけ?と全然覚えてなくて
つまりそういうことが常日ごろだから記憶がぐちゃぐちゃで
あげく自分が結婚したことを忘れていて
友達の恋人であることを失念してただの女として抱いちゃったよ
知らない女と寝たら自分の恋人だった
恋人は本当にサンタクロースだった

そういうものに私はなりたい

かも



友達の恋人とセックスしてはいけない
とか言ってる時点でダサいのかもしれない

しかしダサいことは悪いことではないんだし

セックスに縁のなかったダサい?二人がそのために結婚するというのも悪くない判断だろう
そういう結婚も実際多いのではないだろうか
(長い間セックスしてなかった俺の知人が結婚して、相手の顔がタイプだから助かる、と言っていた
助かる、という言葉がとても印象的だった、助かるって何?)


愛妻家として生きていくには日本は出会いが多すぎる
頭の中で妄想することと、実際に行動(浮気とか)することの違いがそこにあるだけで
新たな誘惑にさらされて日々生きていることは同じ
可能性という扉



いっそ現代文明を知らない未開の地の原住民とかに生まれたほうがラッキーだったりして
自給自足で三十家族とかが住んで一生、他の民族とは会わないみたいな環境
今はなかなか少ないだろうが
アマゾンとかでまだ「発見」されていない
みな顔見知りで兄弟のように育ったひとりと所帯を持ち、裏切りが少ない場所で生きる


そう考えると罪なやつだ、可能性
そして限界も
posted by jagumi at 14:27| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

恋人はセックスフレンド/蛇口

- 友達の恋人とセックスをする
- この13文字の文章もある種の「例え」であるかも知れない

馬野ミキ君の言う通りだ


友達の恋人をレイプする

こうするとだいぶ変わってくるが
こっちのケースもありそう
それはまた別の話



友達、か
それについてまあ思い付くままに述べてみようか
(まあ俺の文章はいつもそんなんだけどね)


友達は男女の間で都合のよい言葉に使われたりもしている

私たち、いい友達のままでいましょうね

は、

あなたと恋人になるなんて真っ平御免、の意味

そのときの友達という言葉はそれこそ「例え」である

正確に言ってやれば(付き合えないからといってムカついて危害を加えたりしない)模範的な他人でいてね、的な


殴り合って親友になる青春漫画のパターンはどうだろう

手を出すことも相手に関心があるからというある種の関係性が生まれているのだし、無関心であれば友達付き合いも始まらないか



あとは利害関係からの、

そうすると友達は便利な言葉になる

その言葉で周囲から金を借りるだけ借りて姿を消した奴がいた
俺も一万円貸した
渋々
当時、社会人一年生で金もなかったのに
お人よしだった
知り合いは二十万円やられた

友達をつくる人はみなお人よしなのかもしれない


AKB48のオタクとかも立派なお人よしだ

最初は実際に会いに行くことができる歌手の卵がいて、頻繁に握手会をしたりして浅い顔見知りになり、私たち仲良しよねみたいな空気感を共有することで友達感覚のアイドルを応援しないといけないやという、、、そして、ファン誕生、の構図

秋元康はそんなお友達産業にうまく乗っかった一人で
似た構図の産業は他にもたくさんありそう
ソーシャルネットとかも


セックスフレンドという言葉もあるな
恋人じゃないのにセックスさせてくれる人
友達?、、と思うが
まあ相手はいつか恋人になれることを星に願っているお人よしか
それか純粋にセックスの相性だけよくて気持ちいいからか




友達の恋人とセックスをする

この文章をじっと見ていて
よく考えたら友達の恋人も例えるなら友達だとして

男が

「二人で盛り上がっちゃって君に欲情しちゃったけど君は友達の恋人だから君とセックスはしない。でもこのモヤモヤした気持ちは君にも責任があるわけだから、これから風俗に行ってスッキリするので風俗代を半分出してほしい」

というのはどうだい?
そんな解決策

それで金出してくれたら相手は究極のお人よし(お友達)
親友だ
posted by jagumi at 20:15| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

キル・ピル/蛇口

物分かりのよさそうな父親が若者である息子に言いそうな台詞
「女の子と遊ぶのは構わないが、ちゃんと避妊はしろよ」

避妊は最低限のエチケットということか

三十代のときに知り合った男はオダギリジョーみたいな雰囲気で、あるとき、三回中絶させた女がいて、その娘を愛してはいないんだけど、とにかく身体がいいんだよね、みたいな発言をしていた
その女性は彼のことがきっと好きなんだろうなとそのとき思った
厄介だな
(避妊は?)
彼女は彼に嫌われると思って言えないのかもしれない
気持ちいいセックスで彼の気持ちを繋ぎ留めようとする、健気な女とか
それなら結局彼に愛されてないみたいだしとても不憫な話だがまあありがちなパターンだとも
ならば勝手にしてくれと

なぜ友達の恋人に中出ししてはいけないのか?
そいつならそう言うかもしれない

事実
自分の娘の父親が自分の友達だったという映画を最近観たが

せめて避妊しろよと
そのときはツッコんだよ
流石に

話は結婚式の前に
それこそ動物的な衝動のままに寝てしまった主人公の恋人とその友達で
父親だと信じていた主人公の男が気の毒という
感情の流れでその映画を観ないと最後までノレないことになる内容だった

その気分で観ないとノレないといえば
AVのシチュエーションで思わず女の中に出しちゃったパターンとか
それ意外とよくある気がする
AV男優「このまま中に出しちゃっていい?」
女「駄目」
男「あ、出ちゃった」
みたいな
まあ実際は打ち合わせ済みの猿芝居で
女はちゃんとピルを飲んでいるのだろうけど
ああいうのに男は興奮するのかね
なんかタブーを犯すみたいな気持ち?
でも中絶させたオダギリジョーはそう思わないからその映像を見ても何も感じないのかもしれない
posted by jagumi at 21:51| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

対岸の恋人/蛇口

タイトルを忘れたが、昔ラテンアメリカ映画を観ていたら若者二人がどちらもお互いの恋人と寝たと告白するシーンがあった
「俺も寝たよ、お前の恋人と」
「この野郎」と言いながら二人は笑い合う
恋人と言っても今たまたまよくセックスしている異性なんだろうという感じだった
そんな認識
二人とも

恋人という意味に無頓着ならば
その地位を軽んじることに躊躇は無いだろう
ラテンアメリカの若者のように

それもわかる

またすべての顔見知りに対して友達と感じることがなければ
そもそも
友達の恋人という概念は欠落しているのだから
周囲にあいつの彼女と寝ただろ、この野郎と問い詰められても
それが何か?となるだろう

そういったやりとりが面倒な時期があってもっぱら風俗に通っていた
日本には通りすがりの恋人がたくさんいる
主に男にとっての

風俗には恋人プレイという言葉がある
他の先進国の娼婦は股ぐらを貸すだけで、絶対にキスしたりイチャイチャしたりしない
恋人みたいに接する日本は特殊なセックス産業の国だ
風俗の数だけ恋人たちがいたりする
瞬間の恋人

本物?との違いを述べよ

恋人とは何だろう?

つづく
posted by jagumi at 14:11| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

あの頃、心はどこにあったのだろうか/蛇口

父親が転勤族だったので、子供の頃からよく引越しをしていた。出会いと別れの繰り返しだから、気が合えばその時期はよろしくねという感じが友達付き合いだった。その感覚は今も続いている。幼なじみが今も友達とか言う人はいいなと思うがどんな友情かはちょっと想像がつかない。
転勤の途中、関西にいた時期が十年くらいあり、十代だった俺はその頃の仲良しに世間知らずの天然キャラとしてよくいじられていた。中学のときに宇宙人と呼ばれたりもした。お前とはまともな会話ができないみたいな。なんかずっと心ここにあらずだったし。俺が内向的で幼かったということもあるが、高校、大学になっても授業が終われば相変わらずまっすぐ家に帰ってたし、今思えばあの頃の俺は何を考えていたのだろうね、もうわからないけど、いろいろ重症だったのかな。
雑誌の企画でのアメリカツアーで知り合ったHさんとの出会いは貴重だった。彼は不純異性交遊方面のコーチとしていろんな指導をしてくれた。合コン、ナンパ、風俗など。
もっと遊ばないと駄目だと再三言われた。俺みたいに日替わりディナーしないとあかんと。
Hさんはきれいな奥さんがいて三人で遊園地に出掛けたりもしていた。ある日、浮気しまくっているHさんに奥さんがもし浮気してたらどうしますかと聞いたら、うちの嫁は絶対に浮気しないと断言するから、自分は隠れて(とっくに奥さんにはばれてたかも?)遊び倒しているくせに自分の妻の貞淑さにはなぜこんなに自信があるのか、俺はなんかカチンときて、俺が奥さん誘惑したろかと思ったことがある。わざわざ貪欲にそのチャンスを狙いには行かなかったけど。
そうするとあとは行動力の問題なのか。まあ単にその人と切実にセックスしたいなと思わなかっただけかも。
posted by jagumi at 20:43| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

女を知る前にアメリカを/蛇口

異性に全くモテない冴えない学生生活を送った。当時はそれが別に不自由だとも感じなかった。映画と空想があればよかった。そのままそのスタイルで大学卒業まで行ってしまった。
その間、恋愛スキルがずっと磨かれることもなく。初デートで映画館で映画だけ観て、お茶もしないで帰ったり、お泊りしても何もしなかったり。
両親は性愛の匂いがまったくしない気真面目な人たちで、どちらも父親(俺の爺ちゃん)が奔放な輩でそれが反面教師になったようだ。十代のとき、俺が年上の女性とちょっと仲良くしていると、まだ早いと母親に言われた。今考えるとちょっと意味わからない発言だが、そのときはそういった言動にも特に反発しなかった。反抗期もなく反省もなく野暮天なまま俺は現在に至っている。
まあありがちな童貞的青年だった。女性と親しく話をしたりしながらもそれ以上を求めずセックスは雲の上の存在だと思っていた。オナニーも高校二年の夏、しないと将来セックスできなくなると先輩にからかわれて、最初は嫌々やった。それまでは夢精で脱衣所の一番目立たないと思われる箇所にそっと汚れたものを丸めて置いていた。
二十歳のときに集英社の雑誌で募集していたアメリカに行く読者編集員に応募し、「俺は女を知る前にアメリカを知りたい」という書き出しの作文を書いて、結果それで女を知る前にアメリカを知ることになった。その旅行で仲良くなった日本人男性の地元に遊びに行って、そこでその人の女友達と初体験(発射しなかったので初挿入か)した。
それも場当たり的な展開で、自分の意志はなかった。
アメリカ経由のあっけない喪失。
posted by jagumi at 12:44| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。