2012年09月30日

映画になりたい/蛇口

中学二年の時、「地獄の黙示録」と「未知との遭遇」を映画館で観てから
映画は俺の生活の中心になった
特にアメリカンニューシネマは衝撃的で、冴えないありのままの自分を
こんなにも正直にさらけ出していいのだと勇気付けられた
そしてもろ影響を受けたシナリオを十代のときに書いたりした
十代の終わりは両村上(春樹・龍)がデビューしたばかりの頃で
両者の小説も貪るように読んだ
でも一番好きだったのは池田満寿夫の小説(エッセイ)だった
彼の、トイレで初めてオナニーするエピソードなど、そのあけすけな世界は
アメリカンニューシネマに通ずる真摯で滑稽な味わいがあり、非常に好感を持てた
当時、周囲にいた映画監督や小説家志望の知り合いには嫌悪感を抱いていた
描きたい物語があって、結果、映画や小説になるのであって
ただ映画監督や小説家になりたいというのは
駄々をこねてるだけで邪道だと思っていた
大学を卒業すると親に金を出してもらい
東京の四谷にあった映像の学校に通い
映画好きに囲まれて過ごした
学校ではカメラの使い方や照明について学んだが
あまり興味がわかず、自分は映画をつくりたい訳ではなく
映画そのものになりたいのだなと思ったりした
その後、温室育ちを卒業しようと、六年間会社員をやった
30歳のときに仕事を辞め
アルバイトをしながら本格的な自主映画を撮影しようと
雑誌で人を集めたが、やることなすことすべて裏目で
映画は完成しなかった
住所録の映画関係者の名前と電話番号を全部黒のマジックで消していった
こんなにも愛した映画に裏切られたと、しばらく映画を見なかった

今もシナリオを書いている
自分がシナリオで描く映像を見てみたい
二十歳のときのシナリオをまた書き直したりしていて
構想三十年の映画ができそうだ
posted by jagumi at 18:39| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

2006年の憎悪/蛇口

2006年に愛し合っていた世界中の全ての恋人たちを俺は憎悪している


その年、俺は家族と病院の医者以外、誰とも会わなかった
父親と一緒に病院や公園に行く以外、ずっと実家に籠もっていた
東京に遊びに行くなど論外だった
人が多い場所は刺激が強すぎて、また発狂すると医者に言われた
毎日、俺は強い安定剤を服用し、朦朧とした一日を送っていた

電話では誰かと話をしたかもしれない
電話口で
働いたり、飲みに行ったり、ライブに参加したり、旅をしたりしている他者の
愉しげな息遣いをそこに感じて、心底、羨ましかった

2005年の11月に俺は二度目の入院をした
警察官に保護されたとき、俺は完全に狂人だった
両親は獣のような俺を恐れた
これまでの俺の社会復帰への応援から親は180度発想を転換し
俺以外の家族の幸せのために
俺がただおとなしく何もしないでいてくれることを願うようになった

母親は俺に言った
外に出るとあんたは何をしでかすかわからんから、家にずっといて
父親は俺に言った
お前のせいで母さんは老けたよ、もう迷惑かけるな、家にいろ

そのときに実家を飛び出るという選択肢もあった
しかし俺はキチガイの優等生だった

2006年は雨が降る日以外は毎日、父親と近くの農林公園を散歩した
公園を大きく円を描くようにぐるりと一周して、それを一時間続けた
俺の目の前を父親が歩く
足元の石で父親を破壊したら、車がやってきて、俺を正しい世界に連れ戻してくれると妄想し
父親を殺そうかなと思った
蝉が俺の首にぶつかってきて、俺は少し冷静になった

2006年、二十歳のあの夜を何度も思い出した
それまで忘れていたのに
渋谷のラブホテル
何もしないで俺は彼女よりも先に眠ってしまい、ふられてしまった
あの時、ちゃんと愛し合っていたら、こんな2006年はなかったのではないか

2007年2月、母親がアメリカに住む娘の出産の手伝いに渡米し
父親がスキーの合宿で長野に行き、俺は独りの夜をひさしぶりに手に入れた
俺は親に黙って外出した
およそ一年半振りの夜の新宿歌舞伎町
街がキラキラしていて眩しかった
ざわついた2006年の街を俺はやっと彷徨えたような気がして無性にうれしかった
posted by jagumi at 14:19| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

スイートルーム/蛇口

俺が人生でヤりまくった女は一人だけだ
(彼女とは一年くらい続いた
 これが俺の最長記録だ
 短いよね)
ほとんどの女は一回だけ
一度は数にならないという言葉があるから
俺の体験人数は四人しかいないことになる
実際にヤらなかった(ヤらせてもらえなかった)女は無数にいる
その中でも一緒にバリ島まで行って
ヤらせてくれなかった女がいた
旅費も全部こっちが払って
スイートルームまで用意したのに
バリ島に行きたいと言うから
てっきりヤらせてくれると思ったが
甘かった
現地で
断固拒否された
そんなに俺は不味そうなのか

バリ島旅行のあと
その女とは疎遠になった
その半年後、俺は詩の朗読会に足を踏み入れた
posted by jagumi at 18:42| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発病/蛇口

9.11テロの映像をテレビで観ると
幸せな気分になる
当時
36歳の俺は
新聞に書いてあった千人以上の大企業の平均年収くらいを稼ぎ
新宿歌舞伎町で湯水のようにお金を使っていた
まあ自慢話と言うか比較的恵まれたサラリーマン人生と言うか
かなり浮かれていた

9.11
俺はまだ発病していなかった


翌年一月五日
俺は錯乱状態になって警察官に取り押さえられ
翌日、精神病院に措置入院した


9.11、3.11でなく
1.5
忘れられない日

それからいろんなことがあった



証明写真ボックスで爆笑している顔と激怒している顔を撮影して
鋏で切って貼り合わせ
顔半分は笑い顔半分は怒りの顔を履歴書に貼って
企業面接に行っていた
面接官に今の俺の気持ちを解ってもらいたかった
その当時の俺の
なにもかも笑い飛ばしてしまいたかったし、なによりも怒りが収まらなかった
面接官はただただ当惑していた


女性をクンニしていて
舌が異常なスピードで動いて
こんなの初めてと自分でもびっくりして
女が感じているようで
普段はクンニは苦手なのだが
そのときは楽しくて永遠にできそうで
笑いが止まらなくなって息が苦しくなった


車を携帯電話のカメラで撮影するのが楽しくなったときは
夜の車道に飛び出しては走行してくる車を撮影していて
何度か轢かれそうになって
そうしたら知らない女性が
私を今撮影しませんでしたか?と突然俺の前に飛び出してきて
その鬼気迫る姿に
彼女に轢かれるのかと真剣に怖かった
posted by jagumi at 15:01| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

荒川大橋/蛇口

熊谷市の実家に両親と住むようになって七年目になるが
家で夕飯を食べた後に外出したことが一度もない
ギネスブックに申請してみようかな
夜にふらっとどっかに出掛けたりしない、の
新記録かも

新宿から一時間二十分電車に乗って家に帰る
終電で熊谷に着くと午後一時近い
駅から家まで自転車でまだ二十分かかる
なかなか家に着かない
途中、荒川を越える
荒川大橋を自転車で渡っているとき、遠いなと感じるときがある
疲れているときとか
何でこんなところに住んでるんだよ、とか
ぶつぶつ文句を言いながら自転車を漕ぐ
地獄がもし仮にあるとして、それが
永遠に続く橋の上を自転車で進むことだったら嫌だなと思う
これまでの小さな悪事が積み重なって
あとひとつで実は地獄行き決定で
それがこの前の自転車で走行中に
荒川にぺっと口からガムを吐き出した瞬間だったら嫌だなとも思う
posted by jagumi at 13:41| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

仮面の正体/蛇口

二十歳のときに渋谷のラブホで遠距離恋愛の彼女に何もできなかった童貞周辺の俺が
三十歳半ばのときには子供を産んだばかりの(俺の子供ではない)女の母乳を池袋のラブホで飲んでいた
飲んでみる?と言われたのでそういう趣味はなかったが、好奇心で
薄い、味のほとんどしない、不味いミルクだった
が、俺はまた大きくなった
母なるミルクのお陰で

そして四十代後半になって
なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?
をわりと真剣に考えている

ミキ君は
そんなこたぁ知らない
勝手に生きろと言うが
そうできない人がいるから次々とビジネスが生まれる

友達の恋人とセックスができるかも?と噂の
仮面舞踏会を仲間内で開催したら
どんどん広がって密かなブームになるだろうか
posted by jagumi at 15:31| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

セカンド童貞/蛇口

アテネオリンピックからセックスをしていない
セカンド童貞と言えばいいのか
今は埼玉の熊谷に七十代の両親と住んでいる
働いてないので上京する交通費にも苦労している
そんな俺がセックスについて語っている

目下俺の未来は最悪のシナリオへと邁進しているようだ
近い将来、介護放棄で老親を死なせてしまい刑務所暮らしをしているかもしれない
もぬけの殻に風景はもはや関係ないが、檻の中だけは二度と御免だとも思う
もう管理されたくないが、では今の生活は何なのだろう
一週間両親以外の誰とも話をしていない
一週間誰からも電話は掛かって来なかった
今月の通話料は60円だ
25日経っているのに
トータルで90秒しか誰かに電話をしていない
人と会う機会がなければ恋人もできない
(最もソーシャルネットサービスで見知らぬ同士が出会う前に付き合う時代だが)
どうして俺は街に出て行かないのだろう
二週間外出しないときもある
俺は実家で死んだふりをしているつもりだったが
どうやら本当に死んでいるようだ
両親は午後7時のNHKのニュースでテレビに必ず文句を言っている
俺は黙って飯をくっている
うるさいと思いながらとても静かに
もううんざりなのだが、どこにも行かない
この場所が俺の場所なのだろう
結局、ここだったのか

それかどうにかセックスでもして他の居場所をつくるべきか
そうすればかつての情熱を取り戻せるのだろうか
カートコバーンの遺書の言葉がたまに胸に突き刺さってくる

it's better to burn out than to fade away.
posted by jagumi at 17:20| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

外道/蛇口

「あいつはもっと自分を大切にしたほうがいいんだよ」
男は電話で女友達からの相談に親身になって答えている
彼女は今日も彼からのアプローチを待っている
どこまでも受け身の女の子なのだ
彼は少し黙った
射精したのだ
彼は女と通話しながらこっそりと彼女にばれないようにオナニーしていた
それが何よりも好きだった
セックスよりもよかった
直後は息が荒ぐのでそれを悟られないように女が夢中になって長話をする箇所でイッていたが
(そして電話口からすぐに口を離して
 勘のいい娘はすかさず、ちゃんと聞いてる?と問い詰めてきた)
最近は大胆になって軽妙な会話の応酬のときでもお構いなしになった
母親以外のほとんどの女友達とやってみた
テレフォンセックスもしてみたが全然興奮しなかった
この嗜好を今まで誰かに話したことはない
今夜も自宅で職場の女の先輩の愚痴を電話で聞き
そして板張りの床にぶちまける

彼は過剰さの箇条書きを熱心に頭から全部潰してゆくタイプの人間で
仕事ができ、周囲から尊敬され、よき家庭に恵まれた
電話での秘め事を愛したことだけは生涯変わらなかったが
一度だけ孫娘の女友達と電話しているときに彼女にばれてしまい、気持ち悪いと言われた
posted by jagumi at 12:48| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

恋人の友達とセックスを/蛇口

ネットを見ていたら恋人の友達とセックスしたという体験談がいくつも載ったサイトがあった
友達の恋人ではなく、恋人の友達というのがミソなのだろう
その中でけっこうパターンとして多いのが、恋人、恋人の友達と三人で宅飲みしていたら
恋人が先に酔っぱらって寝てしまい、残された二人でセックスするというもの
それをサイトではアミューズメントパークで新しいアトラクションに乗ったみたいに
経験者たちはリポートしている(無邪気さ全開で)
やってはいけないことをやってしまう背徳感とスリルが堪りませんという告白は
安物のポルノ小説を読まされているようだ
恋人ができたら、必ず恋人の友達とセックスするという輩までいた
その場合の恋人は頻繁にセックスしている相手という感じで
恋人と恋人の友達が性の対象として陸続きなのだろう

友達の恋人と違って、恋人の友達とセックスするのは楽しそうだ

友達の恋人は大切な存在だが、恋人の友達は他人同然だし
(最もこれは俺の場合だけかもしれない、俺は今まで恋人の友達と親しくしたことがない)

恋人が100%何でも話せる信頼し合った相手だったら
その友達と寝るなんて裏切り感が強いかもしれないが
でもひょんなことから恋人の友達と間違いを犯してしまうって
テレビドラマとかで好きそうな展開だ


「本当は彼女(恋人)よりもずっと(恋人の友達の)あなたが好きでした」
 みたいな調子で
posted by jagumi at 21:04| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

脳内出会い系/蛇口

十代の終わりから二十代の最初の頃、外出すると毎回のように「十人ルール」をやった
そのことは特に話題にすることもないので、今まで誰にも話したことがないが、本当によくやっていた
京都四条や京都西院で
内容はシンプル
例えばこれから校門にたどり着く間
すれ違う女性を盗み見てセックスしたいと思ったら一とカウントし
目的地に到着したときにそのカウントがちょうど十になっていたら十人全員とセックスできる
十より多くても少なくてもアウトでセックスできないという
たわいもない妄想ゲームだった
これはぜひお願いしたい、まあぎりぎり抱けるかな、ちょっと無理だな、と
自分のことは棚に上げて通りの女性を見ては好き放題思っていた
性的な軽い興奮が楽しかったし、何よりもちょうど十人でフィニッシュすると気持ち良かった
そのくせ当時は
年上のお姉さんにおっぱいさわったことある?と誘惑されると
今はあんまり興味ない、と意気地の無い台詞でお茶を濁していた
あまりにもエロい感情が渦巻きすぎて収拾がつかなかったので
女性とリアルに接するときは慌てて蓋をしていた
通りでの妄想がちょうど身の丈に合っていた
そのうちセックスを覚え、「十人ルール」はやらなくなった
posted by jagumi at 21:09| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。