2012年10月31日

熊谷朝日八十二ビル/蛇口

今日、熊谷駅前にある熊谷朝日八十二ビルに行ってきた
初老の警備員が二人駐車場の入り口で働いていた
このビルで働くことになったら先輩になる人だ
無色透明な人たち
普段人とあまり喋っていないので面接ではついつい話し過ぎてしまう
俺は色がありすぎて敬遠されそう
履歴書の空白期間をいつものように精神疾患だと言おうとしたが
今回はバンド活動や執筆活動をしていたと嘘をついてみた
まあ完全な嘘ではないが
活動はしている
精神疾患も活動の一部だし
躁病は危険な病という偏見がある
実際、発病すると暴力的や破壊的な展開もあり得るし
年齢的なことや適性もあるがその点でも不採用になり続けたのではないか
今回は単調そうな仕事なので積極的に働きたい訳ではないが
銀行や証券会社があるビルなので精神に問題がある人は駄目だと
面接官に最後に釘を刺された
なんだよ、正直に話していたら門前払いだったよ
面接官の長年の勘でこいつは危ないと判断されているかもしれないが
八か月振りにアルバイト再開になるかもしれない
そうしたらお金の面ではこれで不自由はなくなる
俺は都民共済に入っていてその後発病して保険にはもう入れないので
熊谷に住んでいるが新宿の伯母の家に住所があることにしている
そうしたら新宿のハローワークから仕事の紹介があった
親は新宿でも働けるのであれば働いたほうがいいと言い出し
熊谷から新宿までの交通費を出してあげると言う
交通費くれるのならその分小遣いくれと思ったが、そうも言えずに
ならば熊谷で仕事を見つけようと熊谷朝日八十二ビルに行ったのだった
通勤が大変だが、新宿で働くことは魅力的だ
いろんな機会にあふれている
ただそこは時給が安い
新宿は850円、熊谷朝日八十二ビルは1000円
可能性を選ぶか、現金を選ぶか
どちらも採用されないという声も
posted by jagumi at 14:12| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。