2012年10月15日

息子/馬野ミキ

子どもが風邪で保育園を休んだ
ほんともう一ヶ月に一度くらいは体調崩すんじゃないだろうか
保育園でウイルスだなんだもらってくるしな
まあ、この時期の男の子はこうらしい
夜に38度出て足が熱いというので冷したガーゼで足を包んでやった
「そこじゃなくて足の裏だっつーの」とかもうそういう生意気な口をきく
5歳になって、ああ俺とは異なる別のこいつ自身が形成されはじめてきたなと度々思う
3歳、4歳は魔法の子だったんだが5歳になって人間になってきた
だからいつかこいつと別れる時がくるんだろうなとたまに思う。

熱のある人の看病をするのは好きだ
発熱は体のわるいものを倒す自己治癒の方法なので、熱が出ることじたいは悪いことじゃない
熱を出させながら精神的に冷やしてやるというか
そのうち小さな寝息が聞こえてきたのでインターネットの続きを
アメリカのおっぱいの大きな女優について検索していた。

朝、保育園に電話をしたあと
今日は子どもが風邪をひいたので休みます、と仕事場に電話をする
むろん、俺は働いていない
電話はどこにもつながっていない

昼間は、多少熱があっても元気だ
先日ブックオフで買ったプレステ2を二人でしてみたり
チャンバラをしてみたり。

自分はあまり人に心を開かないせいか
時に息子と遊んでいる時、夜の公園でレゴブロックの戦争で
息子に友情に似たものを感じるときがある
ああ、俺こんなに他人に心開かないだろうって、子供と遊んでてたまに思う
人間の子どもは、両親を頼ることでしか生きていく術がないので
実は子どもというのはほぼ全面的に親を許容して生きてるんだよね
俺は短気で怒りっぽい親かも知れないが、そのことを忘れないようにしたいと思っている。
いつか息子に若い女の子を紹介してもらえたら、とてもいいよね。
posted by jagumi at 18:26| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。