2012年10月14日

西荻窪〜高円寺/馬野ミキ

昨日は西荻窪へスポークンワーズスラムに出かけた

ウィキペディアのスポークン・ワード http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

詩の朗読というジャンルはつまり、詩とは何か?という命題に縛られることによりある意味表現として不自由になりかねない。その間口を広くとって声と言葉なら何でOK!としているのがスポークンワードだ、という解釈でもまあ問題ないと思う。
スラムというのは賞金をかけるということで、今回エントリー料300円でそれを優勝者が総取りするというルールであったが参加者4人、観客3人というシビアなものになった。
急遽トーナメント戦に移行し俺は一回戦で東京の代表的なオープンマイカーに敗れたが、敗者復活戦で若いラッパーを撃破し決勝に進みまた敗れた。
それからは飲んだ
昨日はちょっと無茶な飲み方をしたな
イベントの主催者の女の子には数年前告白をしたことがある
そうだ、その時彼女がつきあっていた彼氏はまあ共通の知り合いだったな
関係ない。という感じだったと思う

店をはけ駅前の飲み屋が並ぶ通りに入った
土曜だからか活気があるな
ラッパー青年は真面目で熱かった
11月から同じく西荻窪で定例のオープンマイクを主催するらしい
ラップという枠にこだわらず、弾語り、一人芝居、朗読詩人たちと広く交流したいという

帰れなくなった女子二人が地元の子に泊めてもらうというので俺は自転車で帰れるのだが便乗した
女の子たちとパジャマでパーティーするのは楽しいではないか。
コンビニで買ったワインをあけ、シーツを一枚もらってごろ寝だ
女子たちは三時半には眠り、俺はポケットウイスキーを飲みながらそのへんにあったメモ帳に詩をかき
メモ帳を元に戻し、寝た。


1.女の子が好き
2.セックスが好き
3.射精が好き

俺は1と2かな
お互い服着てて触れるか触れないかあたりの距離がMAX
だからたぶんダンスとか出来ないと思う
二人きりでホテルとか入ってる時はもうかなり下降している気がする
オナニーとかしてて、射精する時は「くそったれ!」と思ってしまう
気持ちいいのがこれで終わっちゃうから。
いや、4かも知れない
4,アドレナリンを分泌するのが好き


posted by jagumi at 17:58| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。