2012年10月06日

アルコールと詩の朗読会は相性がいい/蛇口

彼女が振るオリジナルカクテルのシェーカーに合わせて
俺はできたてのオリジナルポエムを読んでいる

自分史上最高ボディの女は
自分史上最高ボディトークの夢を見るのか?
活動も後期になるとアルバムの捨て曲がふえるけど
君は拾ってみるとなかなか愉快だったのに
俺は残念を絵に描いたようなタイプだけど
絵が個性的で目を引くよ
うれしさを噛み殺して君は砕け散ってしまった

シェーカーの音が止まる
オリジナルカクテルが完成したのだ
俺も朗読を止める
オリジナルポエムはまだ未完成

ラブミーテンダーバーテンダー
また酔っ払うよ
ありがとうアルコール
ありがとうポエム
posted by jagumi at 18:02| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。