2012年09月30日

映画になりたい/蛇口

中学二年の時、「地獄の黙示録」と「未知との遭遇」を映画館で観てから
映画は俺の生活の中心になった
特にアメリカンニューシネマは衝撃的で、冴えないありのままの自分を
こんなにも正直にさらけ出していいのだと勇気付けられた
そしてもろ影響を受けたシナリオを十代のときに書いたりした
十代の終わりは両村上(春樹・龍)がデビューしたばかりの頃で
両者の小説も貪るように読んだ
でも一番好きだったのは池田満寿夫の小説(エッセイ)だった
彼の、トイレで初めてオナニーするエピソードなど、そのあけすけな世界は
アメリカンニューシネマに通ずる真摯で滑稽な味わいがあり、非常に好感を持てた
当時、周囲にいた映画監督や小説家志望の知り合いには嫌悪感を抱いていた
描きたい物語があって、結果、映画や小説になるのであって
ただ映画監督や小説家になりたいというのは
駄々をこねてるだけで邪道だと思っていた
大学を卒業すると親に金を出してもらい
東京の四谷にあった映像の学校に通い
映画好きに囲まれて過ごした
学校ではカメラの使い方や照明について学んだが
あまり興味がわかず、自分は映画をつくりたい訳ではなく
映画そのものになりたいのだなと思ったりした
その後、温室育ちを卒業しようと、六年間会社員をやった
30歳のときに仕事を辞め
アルバイトをしながら本格的な自主映画を撮影しようと
雑誌で人を集めたが、やることなすことすべて裏目で
映画は完成しなかった
住所録の映画関係者の名前と電話番号を全部黒のマジックで消していった
こんなにも愛した映画に裏切られたと、しばらく映画を見なかった

今もシナリオを書いている
自分がシナリオで描く映像を見てみたい
二十歳のときのシナリオをまた書き直したりしていて
構想三十年の映画ができそうだ
posted by jagumi at 18:39| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。