2012年11月25日

いっぱい食べる君が好き/馬野ミキ

いっぱい食べる君が好きっつーか
いっぱいだろうが少なかろうがその人にとって丁度良くたべればいい
まあこれは女子はおしとやかにってのの反動かも知れないが
反動のあっちとこっちにいちいち揺れていては常に正しいものを見失いがちになるのではないか
いっぱい食べてて好きだったあの子が今朝少食だったらどうするのか
いっぱい食べないから嫌いになるわけじゃないだろうが俺だったら
「いっぱい食べる君が好き でもあんまり食べない君も好き」という歌詞にすると思う。
表現の目的がより大きな比喩の獲得であるのならば、人間いろいろ価値観いろいろなんてのんきなことを言って包容力が大きいふりをするのはやめるべきだ。
なんてな。

先日、LIVEがあり蛇口くんは朗読で、俺は歌で出演した。
高円寺のバーでからあげは美味しかったが麻婆茄子丼は食えたもんじゃなかった
山椒がききすぎて舌がピリピリした
まあ味の好みは人それぞれかもしれん。

いま小麦粉を買ってきた
今日は天ぷらを作ろうと思う
今までつきあった女で俺より家事をする女はいなかった
母に似たのかもしれん
俺だってべつに特別料理がうまいわけじゃないが。

書く、ということ
文章を作る、ということが
行為をしないこと、或いは行為から逃げることになってはよくないと思う

月1くらいでこれからは歌っていこうと思っている
自分は大きな声でがなるというより、小さな声をマイクに拾ってもらうという歌い方のほうがよいかもしれない
歌をうたうために産まれてきたと思っている
だから多分俺が歌っているというだけで成功も失敗もないだろう


なぜ友達の恋人とセックスしてはいけないのか?ということも1つの比喩であると、以前書いた
友達の恋人とセックスしてはいけないということが道徳であっても、それはいつか破られるだろう
でも本当はね、友達の恋人とセックスしちゃいけないんだよ

このネット対談をはじめる時には、十代二十代の若い子たちと人生とは何か、世界とは何か?ということを
共に掘り下げていけたらなと思っていた
俺や蛇口くんの経験が上手く活かせればなと考えていたが、そこは少しアプローチを失敗したかも知れないが
ま、またの機会に。
共に対談してくれた蛇口くん、楽しみに読んでいてくれた何人かのみんな 
どうもありがとう。

馬野ミキパート完
posted by jagumi at 17:03| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。