2012年10月31日

自分の仕事に名前をつける/馬野ミキ

十代の頃、3年後には有名になるから見とけ!とまわりにいい
そのうち5年後の俺を見とけ!と言うようになり
今は何も言わなくなった

おととい、二十年来の連れである音楽仲間と高円寺でのみ
そろそろまじで音楽やろうかなと思ってる、と言ったら
お前からそのせりふを100回は聞いたと言われた
わお、俺ってそういう奴だったのか・・
レディガガに比べて自分はあまりにも小さいと言ったら笑っていた
わお、俺ってそういうキャラだったのか・・

子どもが小学生にあがるまでにお父さんは何々をしている人だって胸を張らせて言わせてやりたかったが
その友人は、お父さんは詩を描いている人でもいいじゃないか卑下すんなよ と言ってくれて
結構俺は父として格好つけようとしているのかも知れないなと思った
歌を歌ってゲームをしてなんかよく家にいる父さんか、、
まあ悪くはない
もう少し俺が神経質ではなく、アロハシャツを着てるチンピラみたいであれば、そんな人生もよかったかも知れない

来年、デモテープを作るつもりだ
吉本興業に音楽部門があるのでそこにおくろうと思う
今までもメジャーのレコード会社に送ったりたことはあったがかなり適当な録音状態や態度であった
自分には、事務的な作業がかなり苦痛であるということもある
きゃりーぱみゅぱみゅと肩を並べられるかな
わかんないけど、ブログばかり更新してるおっさんはいやだよ自分で。
俺の思考回路が凝り固まっているのなら、全力で自分に挑戦しよう

さっき一曲仕上げたのでお疲れ様のハイボールを飲んでいるが
そろそろ保育園に迎えに行かなくちゃならない
安全運転でいこう。




posted by jagumi at 16:24| Comment(0) | 馬野ミキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊谷朝日八十二ビル/蛇口

今日、熊谷駅前にある熊谷朝日八十二ビルに行ってきた
初老の警備員が二人駐車場の入り口で働いていた
このビルで働くことになったら先輩になる人だ
無色透明な人たち
普段人とあまり喋っていないので面接ではついつい話し過ぎてしまう
俺は色がありすぎて敬遠されそう
履歴書の空白期間をいつものように精神疾患だと言おうとしたが
今回はバンド活動や執筆活動をしていたと嘘をついてみた
まあ完全な嘘ではないが
活動はしている
精神疾患も活動の一部だし
躁病は危険な病という偏見がある
実際、発病すると暴力的や破壊的な展開もあり得るし
年齢的なことや適性もあるがその点でも不採用になり続けたのではないか
今回は単調そうな仕事なので積極的に働きたい訳ではないが
銀行や証券会社があるビルなので精神に問題がある人は駄目だと
面接官に最後に釘を刺された
なんだよ、正直に話していたら門前払いだったよ
面接官の長年の勘でこいつは危ないと判断されているかもしれないが
八か月振りにアルバイト再開になるかもしれない
そうしたらお金の面ではこれで不自由はなくなる
俺は都民共済に入っていてその後発病して保険にはもう入れないので
熊谷に住んでいるが新宿の伯母の家に住所があることにしている
そうしたら新宿のハローワークから仕事の紹介があった
親は新宿でも働けるのであれば働いたほうがいいと言い出し
熊谷から新宿までの交通費を出してあげると言う
交通費くれるのならその分小遣いくれと思ったが、そうも言えずに
ならば熊谷で仕事を見つけようと熊谷朝日八十二ビルに行ったのだった
通勤が大変だが、新宿で働くことは魅力的だ
いろんな機会にあふれている
ただそこは時給が安い
新宿は850円、熊谷朝日八十二ビルは1000円
可能性を選ぶか、現金を選ぶか
どちらも採用されないという声も
posted by jagumi at 14:12| Comment(0) | 蛇口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。