2012年09月29日

夢/馬野ミキ

中学二年の時、ゲームデザイナーと歌手で迷って歌手になろうと決めた
歌うという行為には、単なる趣味、好き以上のものを感じていた
雑司が谷に住んでいた頃、雨になると近くの歩道橋の上に歌いに行った
大声で歌っても誰にも聞こえないからだ
パンクロックがただちに世界を変えはしないということをライブハウスで直感的に悟り
ライヒやフロムなどの現代社会に対する批判と革命運動について興味を持ち、池袋のリブロでニューサイエンスを少しかじったりした
思い込みが激しく自信に満ち溢れ理想家で、けれど打たれ弱く、言い訳がましく、甘ったれていたと思う
空想と依存癖
まあ今でも多少そうか。

性格的にバンドか組めず、池袋東口でべろべろに酔っ払いながらフォークギターを持ち路上歌手デビューした
プライドが高いので通行人にほぼ無視され続ける路上の歌歌いの生活は厳しかったが
同じように地方であぶれ東京に出てきた音楽仲間と出会ったり
バブルの頃は一日5000円くらいの稼ぎがあったのでもう仕事を辞め歌だけで暮らせた
今はタクシーが溜まっているところには以前公園があり、路上で暮らしながら投げ銭を銀行に貯金してたりしてた
路上と音楽と酒の日々だった
新宿のコマ前で9万稼いだこともある
新宿に行けば知った顔が必ずいる そういう時代があった
ああいうその日暮らしの旅人のような生活は今でも憧れるな
ギターを持って世界を気ままに旅できたら楽しいだろう
その後、禅やタオ、ニューエイジ思想にハマりながら、ブルースからJAZZ、沖縄民謡へと音楽の幅も広げた
東中野の俺の家には新宿で知り合った家出少年たちが住み着いたりしていた
俺は部屋に鍵をかけなかった

今でも夢は、世界を変えること
無職のおっさんが「夢は世界を変えること」とか言うとホント怪しいので、(幸か不幸か俺にはそいう客観性はある)まあ10年後の日本の自殺者の数を下げるでもいいよ、なんでもいいんだよ 自分の存在に見合うことをガツンと咲かすことできれば。



posted by jagumi at 23:36| Comment(2) | 馬野ミキ | 更新情報をチェックする

2006年の憎悪/蛇口

2006年に愛し合っていた世界中の全ての恋人たちを俺は憎悪している


その年、俺は家族と病院の医者以外、誰とも会わなかった
父親と一緒に病院や公園に行く以外、ずっと実家に籠もっていた
東京に遊びに行くなど論外だった
人が多い場所は刺激が強すぎて、また発狂すると医者に言われた
毎日、俺は強い安定剤を服用し、朦朧とした一日を送っていた

電話では誰かと話をしたかもしれない
電話口で
働いたり、飲みに行ったり、ライブに参加したり、旅をしたりしている他者の
愉しげな息遣いをそこに感じて、心底、羨ましかった

2005年の11月に俺は二度目の入院をした
警察官に保護されたとき、俺は完全に狂人だった
両親は獣のような俺を恐れた
これまでの俺の社会復帰への応援から親は180度発想を転換し
俺以外の家族の幸せのために
俺がただおとなしく何もしないでいてくれることを願うようになった

母親は俺に言った
外に出るとあんたは何をしでかすかわからんから、家にずっといて
父親は俺に言った
お前のせいで母さんは老けたよ、もう迷惑かけるな、家にいろ

そのときに実家を飛び出るという選択肢もあった
しかし俺はキチガイの優等生だった

2006年は雨が降る日以外は毎日、父親と近くの農林公園を散歩した
公園を大きく円を描くようにぐるりと一周して、それを一時間続けた
俺の目の前を父親が歩く
足元の石で父親を破壊したら、車がやってきて、俺を正しい世界に連れ戻してくれると妄想し
父親を殺そうかなと思った
蝉が俺の首にぶつかってきて、俺は少し冷静になった

2006年、二十歳のあの夜を何度も思い出した
それまで忘れていたのに
渋谷のラブホテル
何もしないで俺は彼女よりも先に眠ってしまい、ふられてしまった
あの時、ちゃんと愛し合っていたら、こんな2006年はなかったのではないか

2007年2月、母親がアメリカに住む娘の出産の手伝いに渡米し
父親がスキーの合宿で長野に行き、俺は独りの夜をひさしぶりに手に入れた
俺は親に黙って外出した
およそ一年半振りの夜の新宿歌舞伎町
街がキラキラしていて眩しかった
ざわついた2006年の街を俺はやっと彷徨えたような気がして無性にうれしかった
posted by jagumi at 14:19| Comment(0) | 蛇口 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。